ちゃんぽん発祥の店

最近は地方ロケに行っても日帰りばかりなのですが、なんと長崎に二泊する機会がありました!
日中の空いた時間に現地スタッフの方がちゃんぽん発祥の店「四海楼」に連れて行ってくれました。老舗の古い店かと思いきや、大きなビルにびっくり。店内もオーシャンビューで眺めもよし。

image-4.jpegimage-2.jpeg

注文したのはこちら。ドンブリですが中身はちゃんぽんです。昔はチャンポンの出前があったそうでその当時の器がこのドンブリだとか。

image-1.jpegimage-5.jpeg
image.jpeg

下の写真はディレクターが注文した普通のチャンポン。ちょっと大きめで錦糸卵がのってます。
明治の頃、中華料理店の中国人オーナーが中国からの留学生の食生活の悪さをみかねて作ったまかない料理がちゃんぽんだったそうです。ちなみに皿うどんも、ちゃんぽんのバリエーションとして同様にここで作られたようです。
味はというと、面はやわらかめでしょうか。スープは魚介風味でクラムチャウダーのようなまろやかさがあり飲み干してしまいました。おいしくいただきましたが、チャンポンの味の違いはわかってないとおもいます。。。
そのあと、地元の人に「一番おいしいのはリンガーだな。」と言われました。リンガー??あのリンガーハット!長崎生まれのお店ですからそうかもしれません。確かに四海楼は観光客が多かった。
ところでリンガーハットの名前の由来は、長崎で貿易商を営んでいたフレデリック・リンガーというイギリス商人の名前からとったそうです。RingerHutはリンガーさんの小さな小屋という意味で、グラバー邸のそばにリンガー邸が実際に建っています。
さらに驚いたことにリンガーさんの父方の兄がシドニー・リンガーといって、今も多くの医療現場で使われているリンゲル液の生みの親であることを知りました!日本の医学はドイツから学ぶ傾向があったためリンガーをリンゲルと読んだようです。
話はどんどんそれてしまいましたが。。

image-11.jpg

食事の後は大浦天主堂、グラバー邸、出島とまわりましたが、その日は30度を超す暑さで汗だくに。
撮影も控えていたのでホテルに戻りました。本当は007スカイフォールのロケ地になった軍艦島が見たかったのですが、それはまたの機会に。

by 青嵐

2013年07月30日 14:26

トリックアート?

さきごろTLVでは、「錯視」でひと盛り上がり。
目の錯覚で不思議な模様や色が見えたりする、アレです。

お中元に頂いた美味しい高級ビールを堪能しながら、前回も紹介した「講談社の動く図鑑MOVE人体のふしぎ」付属のDVDを皆で見ていたら、その中に錯視ムービーがありました。
クルクル回る人のシルエットが、どっちに回って見える?というものです。

YouTubeで同じ動画を見つけたので、紹介しておきます。


これをみて、まずは全員「反時計」と言いました。

しばらくすると、「あっ、時計回りになった」と言い出す人が現れました。
そのうち「俺も時計回りになった」という声が、ちらほら。

さっさと「反時計」から抜けた人たちは、
「ちょっと視線外すと良いっすよ」
「じーっと見てると来ますよ」
なんて余裕の態度。

一方、いくら見ても反時計にしか見えない人たちは、全く抜け出せそうにない。
ついには、DVDを止めてネットの動画をエンドレスで流しはじめる始末。

そろそろダメかな、と諦めかけた、その時、
「あ!!!見えた!!」
ラスト2人が奇跡の同着ゴールを果たしたのでした。

ダンサースピン、という有名な動画だそうですね。
とても不思議な映像ですが、なにより不思議なのは「最初みんな反時計に見えた」こと。
なぜでしょう。回っているものは反時計、という固定観念でも刷り込まれているのでしょうか。
…南半球の人は逆だったりして?


顕微鏡を見ているときにも、無いものが見えたりします。
雲が細胞に見える。
細胞の核仁が、ほほえんでいるように見える。
冬の梢はカビの菌糸。
水たまりの形が細菌に。
コンクリートのクラックはマイコプラズマに。


こうなると錯覚ではなくて、「焼き付き」です。
「顕微鏡を見るときは、目に力を入れず遠くを見るように」なんて昔学校で教わった気もしますが、とんでもない。
目をこらして撮影ポイントをさがし、ピントを追い込みます。
寝不足のときは視覚が混乱して酔うことも。
とっても目を酷使する仕事です。

サーモス

2013年07月23日 19:41

動く図鑑

講談社からDVD付きの図鑑「人体のふしぎ」が発売されています。

jinntai1.JPG

ヒトの体の仕組みが解説されている、名の通りの図鑑です。
値段¥1900の割にかなりボリュームがあり、カラフルなイラストが満載です。

jinntai4.JPG

jinntai6.JPG

なかなか読み応えがあります。


jinntai2.JPG

DVDには過去のNHKの映像が収載されています。
昔懐かしいNHKの驚異の小宇宙「人体」の映像も。
顕微鏡映像もいくつかありました。

おっと、このページ、真ん中をよく見てみると、、、

jinntai8.JPG

タイムラプスビジョンの文字が!

そうです。
このDVDにはタイムラプスビジョンの映像が提供されています。
世の中のより多くの人に顕微鏡映像を見てもらえることを願っています。

by とんとん

2013年07月05日 20:18