ninja

ninjaとはHDMI対応のポータブルレコーダーの名前です。
海外製なのでこのようなネーミングになっているのでしょうか。ちなみにSDI対応機種はsamuraiです。。。忍者、侍は外国ではカッコイイものの定番なのでしょうね。
名前はさておき、中身もなかなかの優れものです。
ninja.JPG

HDVカムコーダーからのHDMI出力をApple ProResでHDDまたはSSDに収録します。
テープをキャプチャーすることなく、HDDあるいはSSDを直接PCにつないでデーターを取り込めます。
結構キャプチャーは収録した分の時間もかかるし手間のかかる作業でしたが、効率UPです!
ムービーファイルはApple ProResなのでfinal cutユーザーにとってはGood。
あとはなんといってもお値段が手頃なのが魅力です。

とはいっても「もうちょとここが…」という点もあります。

日時の設定がバッテリーをはずすとリセットされてしまいます。
撮影ごとに設定するのは手間です…

1カットごとに収録したファイルはtakeというフォルダーに1カットごと入ってしまいます。
編集ソフトに読み込むときに一気に読み込みたいのですが…

タッチパネルの反応が若干悪い…
ズームリモコンでRECするようにしたら解消されました。

約1年間くらい使用しましたがSSDのほうがHDDよりも安定しています。
HDD収録で録画されずにninjaがフリーズしていることがありました!
テープでも同録しているので助かりましたが…

モニターアウトの出力がない!これが一番ネックでした…
ところが最近ninja2が発売されて、それにはHDMI出力がついています。
買いたい時には無くて、買った後に改善されたものが発売されるというのは、こうした機材の常ですね。
購入したいと思った時のタイミングがあわなかったということで、しょうがないです…

と、まぁ悪い面のほうもたくさん出てきましたが、しばらくはninjaとつきあっていきます!


by 青嵐

2012年11月26日 12:57