トリックアート?

さきごろTLVでは、「錯視」でひと盛り上がり。
目の錯覚で不思議な模様や色が見えたりする、アレです。

お中元に頂いた美味しい高級ビールを堪能しながら、前回も紹介した「講談社の動く図鑑MOVE人体のふしぎ」付属のDVDを皆で見ていたら、その中に錯視ムービーがありました。
クルクル回る人のシルエットが、どっちに回って見える?というものです。

YouTubeで同じ動画を見つけたので、紹介しておきます。


これをみて、まずは全員「反時計」と言いました。

しばらくすると、「あっ、時計回りになった」と言い出す人が現れました。
そのうち「俺も時計回りになった」という声が、ちらほら。

さっさと「反時計」から抜けた人たちは、
「ちょっと視線外すと良いっすよ」
「じーっと見てると来ますよ」
なんて余裕の態度。

一方、いくら見ても反時計にしか見えない人たちは、全く抜け出せそうにない。
ついには、DVDを止めてネットの動画をエンドレスで流しはじめる始末。

そろそろダメかな、と諦めかけた、その時、
「あ!!!見えた!!」
ラスト2人が奇跡の同着ゴールを果たしたのでした。

ダンサースピン、という有名な動画だそうですね。
とても不思議な映像ですが、なにより不思議なのは「最初みんな反時計に見えた」こと。
なぜでしょう。回っているものは反時計、という固定観念でも刷り込まれているのでしょうか。
…南半球の人は逆だったりして?


顕微鏡を見ているときにも、無いものが見えたりします。
雲が細胞に見える。
細胞の核仁が、ほほえんでいるように見える。
冬の梢はカビの菌糸。
水たまりの形が細菌に。
コンクリートのクラックはマイコプラズマに。


こうなると錯覚ではなくて、「焼き付き」です。
「顕微鏡を見るときは、目に力を入れず遠くを見るように」なんて昔学校で教わった気もしますが、とんでもない。
目をこらして撮影ポイントをさがし、ピントを追い込みます。
寝不足のときは視覚が混乱して酔うことも。
とっても目を酷使する仕事です。

サーモス

2013年07月23日 19:41