Inside of TLV

久しぶりの更新です。

本日は特別に社内の様子をお見せしましょう!
labo.jpg


・・・倉庫ですか?
いえいえ、弊社の実験撮影ラボです。
ここにギュウ詰めのスタッフが右往左往しています。
揃いも揃ったり、たくさんの顕微鏡。
弊社の映像(YouTube)を例にしながら、将棋のコマになぞらえて紹介しましょう。

【共焦点レーザー顕微鏡】
サイズも値段もMAX!レーザーで蛍光を走査描画します。名実ともに「玉(ぎょく)」です。

【倒立型位相差顕微鏡】
TLVの主戦力。一番よく使う顕微鏡です。頼れる兄貴「飛車(ひしゃ)」ですね。

【倒立型微分干渉顕微鏡】
立体感ある映像を撮りたいときに使う顕微鏡です。解像度も高い!位相差顕微鏡にスワップできます。器用な「角(かく)」でしょうか。

【正立顕微鏡】
旧式の顕微鏡には自由があります。工夫次第で可能性は無限大。歴史と経験を積んだ実力者「金(きん)」かな。

【蛍光顕微鏡】
旧くからある、蛍光をみる顕微鏡です。共焦点レーザー顕微鏡に役割を奪われそうですが、使い方次第でまだまだ役立ちます。渋い!「銀(ぎん)」。

【実体顕微鏡】
顕微手術や観察など、汎用性の高い顕微鏡です。
ときには撮影用としても使います。縁の下の力持ち、と金(ときん)にも成る「歩(ふ)」でしょうね。

【蛍光実体顕微鏡】
実体顕微鏡に蛍光装置が組み合わさった特殊な顕微鏡。
高倍率ズームで個体から細胞まで。切れ味するどい変化球。変わり種の「桂馬(けいま)」。

laboname.jpg

揃いも揃ったり、10台ずらり。
大型の顕微鏡がこの密度で全機稼働しているラボは珍しいでしょう。
そういえば、香車がありませんね。
次に現れるのはどんな顕微鏡でしょう。飛び道具ですか?

サーモス

2014年06月05日 17:19

動く図鑑

講談社からDVD付きの図鑑「人体のふしぎ」が発売されています。

jinntai1.JPG

ヒトの体の仕組みが解説されている、名の通りの図鑑です。
値段¥1900の割にかなりボリュームがあり、カラフルなイラストが満載です。

jinntai4.JPG

jinntai6.JPG

なかなか読み応えがあります。


jinntai2.JPG

DVDには過去のNHKの映像が収載されています。
昔懐かしいNHKの驚異の小宇宙「人体」の映像も。
顕微鏡映像もいくつかありました。

おっと、このページ、真ん中をよく見てみると、、、

jinntai8.JPG

タイムラプスビジョンの文字が!

そうです。
このDVDにはタイムラプスビジョンの映像が提供されています。
世の中のより多くの人に顕微鏡映像を見てもらえることを願っています。

by とんとん

2013年07月05日 20:18

花見

TLVのある朝霞には黒目川という川があります。
この川沿いには桜が植えられていて、ちょっとした花見の名所となっています。
屋台も出てます。
DSC_0016_1.jpg

桜の隣は畑になっていて、菜の花が満開です。
DSC_0014_1.jpg
桜のピンクと菜の花の黄色がきれいです。
曇り空なのが残念。。。
先週寒かったお陰で、今年は1週間以上桜の見頃が続きました。

朝霞にはまだまだ畑や自然が残っていてなかなか良いところです。
その一方で、朝霞は東上線と副都心線、東急東横線が乗り入れをしているので、朝霞から横浜元町中華街まで電車1本で行けてしまう場所なのです。
有楽町線ともつながっていて、交通はなかなか便利です。
来年の花見は是非黒目川へ!

by とんとん

2013年04月02日 11:28

初・すっぽん!

こんにちは技男です。
実は、人生初のすっぽん料理を堪能して来ました。押上にある「すっぽんふぐ料理 東京向島 平岡」という
お店です。
これから、彼女を食します。南無~。
suppon01.jpg
というのは冗談で、これは食事後にお店の人に見せていただいたスッポンです。

すっぽん料理のメインが、この「すっぽん鍋」です。
食べるというより、すっぽんのエキスが入ったスープを飲む、という感覚です。
とてもあっさりしていて上品で、何杯でも飲める感じです。
もちろん、すっぽんの肉(これは足)も入っています。
suppon02.jpg
suppon03.jpg
そして、すっぽん料理に付き物なのが、すっぽんの生き血。
suppon04.jpg
いやー、やっぱり飲むんすか(^_^;)と思ったら、何とりんごジュースで割ってあるから
飲みやすい。というか、ほとんどジュースでした。私には物足りん┐(´д`)┌
suppon05.jpg
その代わりと言ってはなんだが、すっぽんの肝(たまご付き)は濃厚でした。
シメは言うまでもなく雑炊(写真撮るの忘れたm(_ _)m)です。

すっぽんの効果といえば、美容と次滋養強壮らしいのだが、
たぶん1回食したぐらいでは自覚できないのかと。。。
でも、とっても美味だったのは確かです。

すっぽんによって高まったこの精力は、どこにぶつければいいのでしょうか?
悶々、、、、もちろん仕事ですね。

ではまた。

2013年03月04日 19:07

はじまりのはじまり。

こんにちは。TLV新人のバロです。初ブログ投稿です。
今回は、はじめてということもあって、自己紹介的に自分のルーツ、
映像制作をはじめるきっかけになったリスペクト作家を紹介します。

ヤン・シュヴァンクマイエル。という人をご存知でしょうか。

JanSvankmajer.jpg

チェコ出身の芸術家・映像作家。最近では、『サヴァイヴィング・ライフ』という映画が日本でも公開されました。
ものを動かしながら静止画撮影し、それを連続再生することで動いているように見せる
ストップモーション・アニメーションの技術でたくさんの映像作品を世に残しています。
そう。TLVで行うタイムラプスの撮影技法と原理は似ています。

・・・シュール!!
制作される作品全般に少しブラックな印象がありますが、映像から伝わってくるメッセージと異質な世界観・空気感のインパクトは強く、
CGを使わず、アナログ的手法ですべてを捉える表現には、CG映像にはないリアリティと迫力があります。

彼に出会ったのは、まだVHSテープが主流だった頃、
短編集がおさめられたVHSテープを友達から借り、何度も繰り返し観てました。
今でも彼の映像を観ると、そのころのノスタルジーな記憶とともに、当時の衝撃的感覚も蘇ります。
また、時をつなげ作品を作り上げていく意味で、分野は違えど同じような映像制作の現場にいることに、感慨深いものを感じます。

春もそこまで来ていて、世の中は新しいスタートの時期。
自分も初心を振り返るつもりで、また彼の作品を観てみようかなと思っています。

byバロ

2013年02月22日 17:23

2012年12月31日

こんにちは、技男です。今年も残すところ、今日1日ですね。
人類は、何とか無事に2012年を乗り切ったようですが。。。
みなさんは、どんな大晦日をお過ごしでしょうか。
2012年、TLVにもいろいろなことがありました。
TLVが無事、新年を迎えることができるのも、応援していただいた皆様のおかげです。
ここで一発、来年に向けて決意の表明を。
IMG_0778_2.jpg

いやっ(^^ゞもちろん、今年も本気でした。。。

皆様が、よい年を迎えられますように。
そして、2013年も引き続きTLVをよろしくお願いします。

2012年12月31日 18:03

授賞式に行ってきました。

Celldance映像コンテスト、授賞式に行ってきました。
サンフランシスコのダウンタウン、Moscone centerという展示会場がASCBの年次総会会場です。
Moscone.jpg Moscone-Entrance.jpg
玄関を入り、地下のメイン会場へ下る階段から、窓越しにCelldanceのスクリーンが見えました.
今年はオープンで目を引く感じになっています.
Entrance-Step2.jpg


授賞式は少し前からヒトが集まり始め、立ち見もでる盛況ぶりです。
今年の1等賞は、線虫の原腸貫入でジッパーのように閉じて行く細胞の膜先端の動きを鮮明に捉えたもの。
2等賞は、細胞に付着した針状の結晶のようなものを、剣士の剣に見立てたユーモアある作品。
3等賞がTLVのCancer Dance movement でした。
ceremony.jpg

来年は1等賞での再会を誓って挨拶としました。
prize.jpg

by (ToT)/

2012年12月26日 19:10

新しい仲間

新しい仲間が増えました!

robbot.JPG
不思議な動きをしますが、そこがまたかわいらしくもあり、
でも以外と力強いやつです。
床を動き回ってかなりのごみを集めてくれます。
4.5畳が50分できれいになるそうなので、TLVは、、、。う〜ん、がんばってもらいましょう。

正式名称ロボットクリーナーミニ。。。。。
ルンバみたいな掃除機です。

byとんとん

2012年12月25日 17:03

Celldance映像コンテスト2012で受賞しました!

うれしい!
 (でもちょっとくやしい)お知らせです。
今年のアメリカ細胞生物学会(ASCB)のCelldance映像コンテスト2012で、タイムラプスビジョンから出展した映像作品「Cancer Dance movement」が三等賞を獲得しました!
昨年に続く一等賞は残念ながら逃しましたが、2年連続の入賞は快挙です。
作品の内容は以前にも書いた、がん細胞の動き。敷き詰まった正常細胞の中をがん細胞が動き回る、とても興味深い映像です。
表彰式が終わるまで公開できませんが、いずれこちらでご紹介したいと思います。表彰式は12月18日、サンフランシスコで15日から19日まで開催される年次学術集会の中で行われます。開会期間中会場内の大型スクリーンで他の受賞作品と共に繰り返し上映され、学会のwebでも公開される予定です。
Celldance2012poster.png
今年のコンテストのポスター
by (ToT)/

2012年12月07日 11:18

「患者を殺すのは医者だ!」悲劇の医師ゼンメルワイス

こんにちは。技男です。

そろそろインフルエンザの季節になって来ましたね。
皆さん、マスクやうがいはもちろんですが、こまめに手を洗うことも大切です。
「手洗い」と言えば、「手洗いの父」と呼ばれる医師ゼンメルワイスを抜きに語ることはできません。このハンガリー出身のゼンメルワイスは、今でこそ「手洗いの父」と呼ばれていますが、その生涯は無理解と嘲笑に埋め尽くされていました。
Semmelweis.jpg

ゼンメルワイスは、1844年にウィーン大学医学部の第一産科に勤めます。産科にはもう一つ第二産科があったのですが、当時、出産の時の産褥熱で死亡する妊婦が第二産科では1%程度だったのに、第一産科では30%もいたそうです。ちなみに、第一産科の出産は医師が、第二産科は主に助産婦と助産婦の生徒が行なっていました。
「なぜ、第一産科で、こんなに妊婦が死ぬのか?」ゼンメルワイスは解明に取り組みます。
そして、ゼンメルワイスはあることに気が付きます。
「第一産科の医師たちは、死体の解剖やったあと、ちゃんと手を洗ってないじゃないか! 第二産科の助産婦たちは死体解剖なんかやらない。つまり、医者の汚い手が妊婦に死を運んでいるんだ!!」この事実に、ゼンメルワイス自身も相当衝撃を受け、自殺まで考えたようです。
ですが、産褥熱の撲滅は自分に課せられた使命だと考え、踏みとどまったのです。
ゼンメルワイスは、解剖をやったあとの医者の手洗いを徹底させます。石けんだけでなく塩素水を使って徹底的に手洗いさせました。自ら見張りにも立ってたようです。
そうすると、さもありなん、第一産科の産褥熱による死亡率はみるみる下がります。
「やったじゃん、ゼンメルワイス! マジ、すげーよ!」
めでたし、めでたし。とはならないんですね、これが。
面白く無いのはウィーン大学の他の医者、特にゼンメルワイスの上司です。
「は〜?、医者が妊婦を殺しているだって〜、手を洗うだけで産褥熱が防げるわけないだろう・・・(というか、そんなことを認めたら、医師の面子が丸つぶれだ)」
上司の策略により、ゼンメルワイスはウィーン大学を追い出されてしまいます。

さて、ウィーンを追い出されたゼンメルワイスは、故郷のブダペストのペスト大学で産科の医師になります。そして、ゼンメルワイスは、そのペスト大学でも手洗いを徹底させ、産褥熱を駆逐します。ゼンメルワイスは、これまでの成果を1冊の本にまとめ、1861年にヨーロッパ中の専門家に送ります。しかし、それに対する反応は全くありません。それどころか、産褥熱を討議する学会で、ゼンメルワイスは呼ばれることなく、ゼンメルワイスの説を非難する声明まで出されました。要するに、欠席裁判です。さらに、当時最高の病理学者とされていたウィルヒョウが、ゼンメルワイス説を徹底的に否定したことが、ゼンメルワイスの息の根を止めました。医学界からつまはじきにされたゼンメルワイスは、最後は精神病院で敗血症により亡くなります。1865年、47歳という若さでした。

ちなみに、ゼンメルワイスの説が正しいことを証明したのは、1870年代に入って急速に進歩した細菌学であり、細菌学の父と呼ばれる二人の天才、コッホとパスツールでした。
しかし、産科学会が頑なにゼンメルワイスの説を否定した根底には、何があったのでしょうね。保身に走る組織の弊害があったことは想像に難くないですね。
さて、ハンガリーには「ゼンメルワイス大学」と呼ばれる大学があるようです。
1969年にNagyszombat(ナジソンバト)大学という大学が名前を変えました。20世紀に入って、やっとゼンメルワイスの功績が大きく認められたのですね。遅すぎるとは思いますが、ゼンメルワイスの冥福を祈ります。

ということで、みなさん、きちんと手洗いしましょうね!

2012年11月19日 11:45

がん細胞の動きに注目しています。

がん細胞は細胞膜を激しく動かす事を見出し、昨年(2011年)のアメリカ細胞生物学会(ASCB)の映像コンテストで一等賞を頂きましたが、その続きです。ある条件ではがん細胞は膜をヒラつかせるだけではなく、移動して這い回ることを見出しました。細胞膜の動きはがんの悪性度と関係しているに違いないと感じていましたが、タイムラプス撮影で実際に動き回る細胞を観ていると、まさに浸潤、転移という悪性がんの特徴が現れているように感じます。後日改めて映像を紹介しますね。
CancerDance.jpg
Cancer Dance (2011年ASCB CellDance映像コンテスト First Place受賞)

by (ToT)/

2012年10月22日 22:16

学会発表 in Hawaii

ハワイで行われた国際学会、“the 7th International Symposium on Cell/Tissue Injury and Cytoprotection/Organoprotection: Focus on GI Tract”に参加してきました。
参加60名ほどの小さな集会でしたが、大物と呼ばれる著名な研究者が多数参加していて、その密度がすごいという事を参加してから周りの皆さんから教えてもらいました。そのような集会に参加できたことを光栄に思います。
cytoprotection1.png

会場はワイキキビーチから徒歩1分の絶好のロケーション。爽やかな海風が吹き渡り、残暑の日本とは異なり、汗をかくことがない心地よい気候でした。
・・とは言え、できない英語の発表に冷や汗ダラダラでしたが。。
wikiki1.png

 さて、何を発表して来たかというと、アスピリンによる小腸傷害の動物モデルについてです。アスピリンはNSAIDsと呼ばれる沈痛・解熱・抗炎症に使われる薬剤と同様に、胃を荒らし、胃潰瘍を起こすことが知られていました。近年、内視鏡の発達により小腸の検査が可能になると、胃だけではなく小腸も傷害して消化管出血を引き起こす事が分かってきました。胃の傷害はアスピリンが胃の防御機能を抑制することで、胃酸によって胃壁が傷つけられると説明されてきましたが、酸の関与しない小腸での発症メカニズムはまだ良く分かっていません。これまでアスピリンを投与して小腸に傷害を起こす良い動物モデルが無かったことも、発症メカニズムの研究が進まない原因の一つでした。今回私たちは、生きているマウスの小腸を顕微鏡映像で詳しく見る事で、これまで傷害が起っていないと考えられていた小腸で、実は前段階となる軽度の傷害が起っており、そこには活性酸素が関わっていることを明らかにしたのです。
 アスピリンには抗血小板作用があり、心臓や脳での虚血性疾患の治療、予防にますます多く処方されるようになってきていますが、副作用の消化管出血で亡くなる例も増加していると聞きます。我々の映像が多くの研究者を刺激して病態の解明、治療、予防に繋がる事になればいいな、と願っています。
feawell.png
最後にお別れ会の一コマ。サイエンスとエンターテイメントの融合です。
大物たちは懐が深い。

By (ToT)/ 

2012年09月20日 09:54

フリーラジカルスクールin 館山

酸化ストレス学会のサマースクールで話をしてきました。
タイムラプス撮影による「動きのイメージング」と
活性酸素検出試薬を使った「蛍光イメージング」の映像を見て頂きました。
他の演者の方々の消化管のお話や、細胞傷害を与える活性酸素種のお話はとても興味深かったです。
見えない分子の世界での反応で、こっちの分子がこっちに付く、というのはどうやってわかるんだろうと、いつもの事ながら感心してしまいます。
会場となったセミナーハウスの目の前には海が広がり、この日は年に一度の大花火大会。
講義が終わった後は、道いっぱいに繰り出した見物客を眼下に、ちょっと優越感の花火見物でした。
20120808summerschool_1.jpg

20120808summerschool_2.jpg

by (ToT)/

2012年08月11日 13:24

「TLV BLOG 」スタートです!

TLV(タイムラプスビジョン)のブログを始めることになりました。

顕微鏡な日々をお伝えしていきます。
日頃、顕微鏡でいろいろ見ていますので面白いものがありましたらアップしていきます!

もちろん顕微鏡以外のことも書いていきます。

とにかく肩肘張らずやっていきます。どうぞよろしくお願いします。

by 青嵐


2012年07月27日 22:47